ついにHDDが1TB

登場したのは“Deskstar 7K1000”シリーズの容量1TB「HDS721010KLA330」と750GBの「HDS721075KLA330」2モデル。いずれもインターフェースはSerial ATA II対応となる。同シリーズの主なスペックは記録方式は垂直磁気記録方式を採用。回転数は7200rpm、平均シークタイムは8.5ms、バッファー容量はSerial ATA版が32MB、パラレルATA版が8MBを搭載する。駆動音はシーク時3.2Bels(アイドル時2.9Bels)、消費電力はシーク時9W(アイドル時8.1W)というもの。(ascii.jp)

ついこの間1GBになったばっかりな気がするんですが、単位がGigabyte(GB)からTerabyte(TB)変わる時が近づいて来たようで。

今回発売のHGST製HDDでは1プラッタ200GBとの事なので5枚のディスクが入ってると思われます。自分なりのHDDの買い方として2プラッタのモデルを買うのがお約束なので、早いトコ500GBプラッタx2の発売をお願い申し上げます。
容量1TBのHGST製HDD“Deskstar 7K1000”シリーズが本日デビュー!!(ASCII.jp アキバ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>