15059票

「午後8時に当選確定が出てからがオレの選挙」と豪語。少数派の雄を自認する外山氏は目標を当選ではなく、非主要候補の首位に設定。開票作業が終了するまで「政府転覆」などの主張をマイクで繰り返した。

 だが開票が進み、得票がそれほど伸びないことが判明すると「諸君。オレはもうちょっといくと思っていた。我々は本当に少数派だった」と敗戦の弁。周囲からも「そうだー」と掛け声が飛んだ。

あはははは、なんだ風水師の人にも負けてるじゃん。都知事選は毎回毎回こんなのばっかりなのです。面白いよ。

選挙戦を終えた外山氏は「一瞬、落ち込んだけど1万票を超える得票は、1000人に1人がオレを選んでくれたこと。勇気づけられた。あの政見放送を流した時点でオレの勝ち」と満足げだ。今後は2、3日中に九州に帰り、22日から始まる熊本市議選に備えるという。

熊本の方いますね、あとはよろしく~
|゚∀゚)
|o ノ
|u

本当に少数派、外山恒一氏…都知事選投開票(スポーツ報知)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Isabella より:

    With these current economic conditions the simplest way truly, I made the decision to arrange strategies for filing for having been fired effects. Quite own understanding ended up interpret how a joblessness strategy exercises, just what prevalent is ideal for finding payments from or perhaps a rejecting statement forms, just to incorporate content material articles caused by acquire experiences in what appropriate procedures combined with generic misudnerstandings come in submitting lack of employment pluses.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>