2010年南アフリカワールドカップ出場決定

2009.12.14 月曜日

サッカー日本代表は1998年フランス、2002年日本、2006年ドイツに続き2010年南アフリカへの出場を決め、4大会連続でワールドカップ本戦へ。

今回の最終予選に関しては、非常に”ぬるい”としか言いようがない組み分けで、予想通り楽に予選突破を決めてしまったので盛り上がりようが無く、実際にプレーする選手とスタッフは厳しいんでしょうが、それでも結果だけを見れば余裕だったとしか言いようがない。次回からはグループ分けはやめて最終予選は10カ国総当たりH&Aで、と4年前にも同じ事書いてるなー

予選に関してはメディアの煽りも殆ど無くスターシステムに乗る選手も無し。アジア予選はACLを含めテレビ朝日が放映権を独占してるので他局では扱いづらいコンテンツになったのも宣伝面では不利になっているような。テレビ離れとインターネットの興隆もあって難しいねぇ。

まぁ前回まではサッカー自体に興味がある人が見ていたというよりも、なんかよく分からんけど祭りに乗っかる為に代表を見てた人が消えていったと。なんだ健全じゃないか。それだと儲からないけど。

サッカーワールドカップ最終予選 出場決定戦視聴率
1993年10月28日(木) 日本×イラク 22:00-24:15 48.1%
1997年11月16日(日) 日本×イラン 21:50-25:05 47.9%
2005年06月08日(水) 日本×北朝鮮 19:22-21:38 43.4%
2009年06月06日(土) 日本×ウズベキスタン 22:54-25:20 24.4%
4年で半分に。

■関連記事
2010年W杯アジア3次予選
ACL決勝、ガンバ大阪がアジアチャンピオンを獲得
FIFAクラブワールドカップ決勝と3位決定戦
FIFA U-20 World Cup Canada 2007

Japan first to qualify(FIFA.com)
【アジア最終予選】本日の試合結果(J’s GOAL)