小林可夢偉、ザウバーF1と2010年ドライバー契約を発表

ザウバーF1は2010年からのレギュラードライバーとして小林可夢偉を起用する事をチームの本拠地であるスイスのヒンウィルにて正式に発表。デビュー2戦目となった2009年最終戦のアブダビGPでは1ストップの戦略を決めて6位入賞し、注目を集める存在になっていた。

091217_kamui_kobayashi_1

何にしても可夢偉がシートを獲得してくれて良かった。やっぱり日本人ドライバーがいないと面白さ半減。今シーズンデビューしたドライバーの中ではダントツでベストドライバーだったし、これで来年の楽しみが出来ましたよ、っと。出来れば2人日本人ドライバーがいるといいな。

TDPドライバー 小林可夢偉:
「レースキャリアをスタートしたときからF1ドライバーになることを夢見てきたが、正ドライバーとしてフル参戦する夢がついに叶った。2009年にパナソニック・トヨタ・レーシングで戦った2つのレースが評価されたことで、F1のシートを獲得でき非常に嬉しい。ペーター・ザウバー氏のチームで、ベストを尽くして戦うつもりだ。日本人の代表として、F1に参加し続けられることを誇りに思う」

BMWザウバーF1チーム チームオーナー ペーター・ザウバー:
「可夢偉と一緒に仕事をするのを非常に楽しみにしている。今シーズン最後の2戦において、自分の才能を証明する思いがけないチャンスを得た彼は、それを確実に活かして見せた。特に最終戦アブダビGPでは、彼が単に速く、アグレッシブなドライバーというだけでなく、戦略を着実に遂行する能力もあるということを示した。私は彼が非常に大きな可能性を秘めており、我がチームに多くをもたらすことができると確信している」

トヨタ自動車(株)専務取締役 山科 忠:
「小林可夢偉選手が2010年シーズンもF1ドライバーになれるようにと願ってきたが、今回、彼の実力が評価され、BMWザウバーF1チームのドライバーとして、F1レースに参戦できることとなり、喜ばしい限りだ。彼なら、多くのファンを魅了する走りをすると大いに期待をしているので、是非とも好成績を上げて欲しい」

■関連記事
2009F1総集編は本日深夜25時よりOA – racing the wind
ブリヂストン、2010年シーズンでF1から撤退

小林可夢偉 Kamui KOBAYASHI(Official Site)
小林可夢偉が2010年のF1レースドライバーとして契約トヨタF1チーム 公式サイト
ザウバー・チーム、2010年ドライバーに小林可夢偉起用(FMotorsports)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>