横浜FCがJ2優勝、来期J1昇格へ

元フリューゲルスきたぁぁー、この周辺に住む人としてちょっと複雑なのが、このあたりの地域にJチームが多すぎてありがたみが薄くなっちゃうんですよね。もうちょっと地方に分散できればベストなんだけど。

J1昇格したので来シーズンからキングもJ1復帰です。おめで㌧のキングコピペでも。

 キングカズは神だと思っている。 7年ほど前の正月休みに両親と静岡市のカズ実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなりキングカズが 玄関から入ってきた。もんじゃ焼き屋に似合わないイタリアンないでたちで。

 カズが 「俺いつもの~」と言って二階へ上がろうとすると、 店内にいた高校生集団が「カズさん!」「カズさんかっけー!」などと騒ぎ出し、カズが戻って きてくれて即席サイン会になった。 店内に13,4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使いサインをしてくれた。 高校生達が カズの母校静岡学園のサッカー部だとわかったカズは いい笑顔で会話を交わしていた。

 そしてカズは「またな~」と二階に上がっていき、 店内は静かになった。 私と両親はカズの気さくさとかっこよさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向 かうと、店員さん(カズ妹)が 階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。 あれには本当にびっ くりした。

ブラジルのサッカー選手を夢見る孤児たちを育てる 団体に、カズがサッカーボールを送ったことがあった。 それも、200個ものボールを。 子供たちは、とても喜んだ。

  しばらくして、やはりJリーグが 同団体にボールを寄付することになった。 エージェントが現地へ赴き、少年たちにボールを渡す。 少年たちはやはり喜んだが、渡されたスポルディングのボールを見て

「スポルディングではなくて、メーカーは『カズ』が良かった。」
「『カズ』のボール はとても使いやすかった」 と口々に言う。

 Jリーグのエージェントは首をひねった。カズ?そんなメーカーがあっただろうか。「 これだ」と、手渡されたボロボロのボールを見てエージェントは驚いた。 すでにかすれてしまっているものの、ボールにははっきりとサインペンで 「夢をあきらめるな  カズ」 と、現地の言葉で記した跡があった。 200個ものボール全てにカズは自筆のメッセージとサインを入れ、 それを子供たちは「カズ」と いうメーカーのボールであると思い込んでいたのだ。

横浜FCオフィシャルサイト
BOA SORTE KAZU!三浦知良オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>