PCやPS2など接続可能レースシムコックピット「VirtualGT」

これはでかい。床が抜けるので我が家にはいりませんがどこかのどなた、さあどうぞ。

080113_vgt2.jpg

080113_vgt.jpg

画像は7日からラスベガスで開催となった家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で話題を集めている米バーチャル・パワー・エンタテーメント社の家庭用レーシングゲーム「Virtual GT」。専用のハンドル型コントローラー、シート、大型ディスプレイ設置用の台がセットになっており、ディスプレイなしの基本セットで1万6995ドル(約187万円)、50インチのプラズマディスプレイの付属モデルで2万990(約230万円)の価格が設定されている。

 一般のPCやPS2などの家庭用ゲーム機を接続することが可能となっており、家庭用ゲームソフトを業務用さながらの本格的筐体を使って楽しむことが可能。(Technobahn)

VirtualGT Personal Racing Simulator
これでも家庭用!「Virtual GT」(Technobahn)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>