ソフトバンク、2013冬春モデルを発表

2013.10.1 火曜日

ソフトバンクモバイルは9月30日に2013年冬モデルを発表。「Hybrid 4G LTE」に対応したスマートフォン3機種やフィーチャーフォン2機種など全部で7機種。

130930_softbank_1

5.2型フルHD液晶、3辺狭額「AQUOS PHONE Xx 302SH」
130930_302sh_2
5.2型フルHD液晶の大画面を生かすため、左右と上部いっぱいまで3辺狭額縁設計となったAndroidスマートフォン。Hybrid 4G LTE対応、プロセッサーにQualcomm Snapdragon 800シリーズMSM8974(2.2GHzクアッドコア)約1600万画素CMOSカメラ。

3.4インチ、510万画素カメラ、IPX7防水試験IP5X防塵試験「COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P」
130930_301p
COLOR LIFEシリーズの最新バージョンが防水防塵になって登場。カラーバリエーション8色、プラチナバンド対応、災害用音声お届けサービス、ゆったりトークに対応して機能面でもバージョンアップ。

フィーチャーフォン、いいと思うんですけどね。通話とメールならフィーチャーフォンの方が扱いやすくて。パナソニックはスマートフォンからの撤退を発表したばかりなので、これからは日本向けにフィーチャーフォンを販売していくのでしょうか。

そもそもほぼスマートフォンしか販売していない今の携帯電話業界にはちょっと疑問。そんなにみんながみんな、高い通信料払ってまでスマートフォンとか不必要な人も多いでしょ。

■関連記事
ソフトバンク、2012年冬春モデル発表

2013-14年冬春商戦向け新商品について(ソフトバンクモバイル株式会社)
ソフトバンク孫氏、「時代はサービス、ネットワーク競争へ」(ケータイ Watch)