900MHzプラチナバンドはソフトバンクに決定

携帯電話で建物などの影響を受けにくく、圏外になりにくい周波数800MHz/900Mhzはプラチナバンドと呼ばれ、各携帯事業社はなんとしても欲しい周波数帯で、数年前から新たに割り当てられる900MHzをめぐって各社競い合いがあったのですが、今回ソフトバンクに割り当てられる事が決まった様です。

ドコモとauはプラチナバンド800MHzを既に持っているので、今回ソフトバンクに割り振られるのはまぁ予想通りではあるかと。

ドコモとauと比べて、ソフトバンクが電波の繋がりが悪いと言われる大きな原因に屋内浸透率の高い800MHzを持っていない事があったので、今回の割り当てにより大手三社の条件は並んだ事になり、ひとまず公平な競争になっていいんじゃないでしょうか。

そして今回の割り当てにより、今まで800MHzを持っていなかった事による圏外率の言い訳が通用しなくなったので、これまで以上にネットワーク設備を充実してもらいたい所です。自分がiPhoneを長年使っている限りでは世間で言われるほど圏外にならないんだけどね。

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏のコメント
「大変嬉しく思っている。同時に900MHz帯という電波をしっかりと活用する重責も感じている。引き続き、当社ネットワークの充実に邁進したい」

SoftBank(ソフトバンクモバイル)
“プラチナバンド”900MHz帯はソフトバンクへ、電監審が答申(ケータイ Watch)
ソフトバンクが「プラチナバンド」900MHz 帯を獲得、通信品質向上へ(Engadget Japanese)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>