11/22 California

2009.11.20 金曜日


やっとですね~時間かかりました。

まず走り始めてすぐに分かったのが、俺遅い(笑)予選も17番手と後方。こういう時は後ろから確実に完走狙いで行くのが最後は良い結果になりやすいかも。

12lap,12位走行。DendenさんMoonさんTommyさん達とドラフトを組む。まだまだターンなどでタイヤを減らさないように相当余裕のある走り方でいく。

20lap,前方を走っていたラップダウンのyoppeさんがアウトでペースダウン、そこにSatsukiさんが接触してしまう。それを見たMoonさんが避けようとインに降りた所でDendenさんと接触、そこへ自分も突っ込んでしまう。申し訳ないです。ここで予定よりも早くピットへ入りタイヤ交換とダメージ修正をする。後にこのピットが大きな結果に繋がるのでした。

25lap,先ほどのピットで16位と順位を下げるもまだまだレースは1/3,先は長いので車を壊さない走りを最優先。

31lap,11位まで上昇。ruffianさんsinnerさんとドラフト。

41lap,このイエローでトップグループのかなり多くの車がピットへ。先ほど早めにピットに入りタイヤを変えているためそのままコースに残る。一気に3位へ。

44lap,sinnerさんが後退して2位へ。あとちょっとで5点取れる所まできたので今回のレースの目標はリードラップの5点GET。

48lap,ここでトップruffianさんにアウトから仕掛けてみる。そのときにターンの脱出でちょっと自分がふらついてしまう。それを見たruffianさんがスペースを作るためにややイン側へ逃げてくれる。その結果後ろから来ていたHamaさんとruffianさんが接触してしまい後退。これは本当に申し訳ないです。自分はちゃっかりとトップへ(^^;

58lap,なんとかトップをまだ守る。ここで2位Yoshyさんの追い上げがきつく、かなりのプレッシャー。特にターンでは明らかにYoshyさんの方が速く、真後ろに張り付かれる。

70lap,最後のリスタート。ゴールまであと5lap,ここまで来たらなんとかトップを守りたいが、非常にタイヤもきつくペースが上がらない状況。Yoshyさんもぎりぎりまで攻めてくる。でも接触はしないよう、スペースは残してくれるのでクリーンなバトルで非常に面白い。

72lap,ここで再びイエローが提示され、なんとかトップを守り抜くことに成功。1stシリーズから参加してやっとシリーズ戦で勝つことが出来たのはやっぱり嬉しかったです。このコースは全然乗れてなかったので10位以内でフィニッシュ出来ればOKだったんですが、自分でも意外な結果に驚きでした。ピットのタイミングがぴったりだったのでそのおかげです。