ドコモ、2009年夏モデル発表

2009.12.13 日曜日

NTTドコモは2009年夏モデル18機種を発表。1000万画素CCDカメラ、BDレコーダーとの連携、無線LAN、防水モデルなどなど。

090519_docomo01.jpg

Google Android HTC「HT-03A」
090519_docomo02.jpg

Googleが開発したOS「Android」を搭載した機種が国内初登場。HSDPAや無線LANに対応し、GoogleMapsやGmailなど、さまざまなGoogleのサービスに対応。対応アプリケーションを「Androidマーケット」からダウンロードする事でさらに機能が増え続けるという、もっとも気になる一台。

東芝製スマートフォン「T-01A」
090519_docomo03.jpg

CPUが1GHzで動作する薄型スマートフォン東芝「T-01A」は4.1インチディスプレイタッチパネルを搭載。OSはWindowsMobile6.1のまま。東芝からドコモに端末供給されるのは7年ぶりだとか。

新世紀エヴァンゲリオン「SH-06A NERV」
090519_docomo04.jpg

天下のドコモもこの路線で来ましたか。なにげに売れそうです。えーとちょっと欲しい。

■関連記事
ソフトバンク、2009年夏モデル発表
ドコモとソフトバンク「パケット定額サービス」月額490円から
ドコモ、2008年冬モデル22機種発表

NTTドコモ
ドコモ、夏モデル18機種を発表(ケータイWatch)
国内初のAndroid OS搭載モデル「HT-03A」(ケータイWatch)
アニメ「ヱヴァンゲリヲン」題材の「SH-06A NERV」(ケータイWatch)
STYLEシリーズ:8M CCDカメラ搭載の防水ケータイ、メールも楽しく――「SH-05A」(ITmedia)
PROシリーズ:7年ぶりの東芝製ドコモ端末は、4.1インチタッチパネルのSnapdragon搭載スマートフォン――「T-01A」(ITmedia)
ついにAndroidケータイが日本上陸–写真で見るドコモの最新PRO/SMARTシリーズ(CNET Japan)
NERV官給品仕様──ヱヴァンゲリヲンケータイ「SH-06A NERV」登場(ITmedia)