ニンテンドー3DSを21,500円で売る店が登場

2011年2月26日に任天堂から発売されたばかりの3D携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を21,500円で販売する店が登場。任天堂の販売計画では3月末までに150万台の販売を見込んでいたところ、これまで80万台程度の販売ということで市場ではややだぶつき気味?

ニンテンドーDSが国民的大ヒット機種となり、その後続機となる「ニンテンドー3DS」には再び特大クラスのヒットを望むゲーム関係者も多かったのですが、ローンチにビッグタイトルが無いのもあって新ハードの立ち上がりとしてはやや苦戦気味な模様。最大の売りである裸眼3D機能が特にゲームに必要が感じられないからなー

★★任天堂『ニンテンドー3DS』CTR-S-BAAA(JPN) アクアブルー メガネのいらない3D ゲーム機【新品同様】