ドコモ、2009年冬春モデル発表

2009.12.10 木曜日

NTTドコモは2009年冬モデルと2010年春モデルを19機種発表。新たなサービスとして自宅にフェムトセル小型基地局を設置し、自宅専用FOMAエリアを構築する「マイエリア」を11月中旬より開始する。

091111_docomo_1.jpg

世界初セパレートスライド「F-04B」
091111_f-04b.jpg

091111_f-04b2.jpg

富士通製の「F-04B」はスライドさせ、ディスプレイ側とキーボード側を分離させる事が可能。Bluetoothで通信して分離したままでも様々な操作が可能。

フェムトセルサービス「マイエリア」
数年前から研究が進んでいたフェムトセル型のサービス「マイエリア」を11月中旬より開始。最大10台の携帯電話を接続できる。月額980円。フェムトセルは家庭などに小規模な通信基地局を作り、光ファイバーなどを利用して通信する。

今回はドコモもいまいち興味を引く製品やサービスは特に無し。ようやく始まったフェムトセルも期待しているけど、月額980円払ってまで現状では大した利点が無いので今ひとつ。F-04Bの世界初分離する端末も面白いけど分離させて何の意味があるのかよく分からないなと。変な端末好きなのでいいんですけど。

■関連記事
ソフトバンクモバイル、2009年冬春モデル発表
au、2009年秋冬モデル発表

NTTドコモ
「オートGPS」対応の新iコンシェルやフェムトセルサービスも:12Mカメラ、セパレートスタイル、防水・防塵、Windows Mobile 6.5――ドコモ、2009年度冬春モデル発表(ITmedia)
ドコモの冬春モデルは“4つの進化”、「VERSION UP」とアピール(ケータイ Watch)